iPhone 12 2020年最新リークまとめ フルスクリーンになる?

Smartphone【スマートフォン】

2017年に発売されたiPhone Xで初めてFace ID(3D顔認証システム)が採用されてから、アップルはFace ID用のセンサーを収納する為のノッチ(ディスプレイの欠けている部分)を採用しました。

今回そのノッチが、次の新型フラッグシップiPhone 12シリーズでは小さくなるとの噂があります。

最近Apple製品の有名リーカーによって新たに画像が公開されたので紹介します!

ノッチが小型化

上の画像がから分かるように、以前はノッチの中にあったスピーカーがノッチよりも上のベゼル部分に移動したことにより、ノッチの縮小が可能となっているようです。

また、下の画像はiPhone xとiPhone 12のノッチ部分の比較画像ですが、今回のモデルはマイクとスピーカーが一体化する可能性が高いです。

ロリポップ!レンタルサーバー

 

 

実際のiPhone 12は恐らく下記のような感じになるのではないでしょうか。

フルスクリーンには程遠いですが、少し画面占有率が上がりそうです。

ロリポップ!レンタルサーバー

 

アップルロゴの配置が変わる

iPhone SE2同様、アップルロゴの位置が恐らくセンターになるのではないかと噂されています。

 

まとめ

Apple以外の各社はノッチを卒業し、パンチホールカメラに2019年から移行していますが、Appleはいつまでノッチを続けるのでしょうか。

個人的にはパンチホールカメラを備えたiPhoneが早く見たいです。

ここまで読んで下さりありがとうございました。