Galaxy Z Fold 2 5G スペック・価格・新機能・総まとめ

Smartphone【スマートフォン】
 
 

Galaxy Z Fold 2ってどうなの?前のモデルはヒンジの問題とか色々あったけど進化したの?

 
 

初代Galaxy Foldから数えて、Foldシリーズ3代目のGalaxy Z Fold 2はかなり進化したからまとめてみたよ!

 

スペック

ネットワーク テクノロジー GSM/HSPA/LTE/5G
  2Gバンド GSM 850/900/1800/1900
  3Gバンド HSDPA 850/900/1700(AWS)/1900/2100
  4Gバンド LTE
  5Gバンド SA/NSA/Sub6/mmWave
  スピード HSPA 42.2/5.76 Mbps, LTE-A (7CA) Cat20 2000/200 Mbps, 5G

 

筐体 サイズ(開いた状態)高さx幅x厚み 159.2 x 128.2 x 6.9 mm
  サイズ(折りたたんだ状態)高さx幅x厚み  159.2 x 68 x 16.8 mm
  重量 279 g (9.84 oz)
  素材 表裏ガラス、内側の画面はプラスティ
  シム ナノSIM
ディスプレイ タイプ 有機ELディスプレイ(1600万色表示可能)
  サイズ 内側:7.6 インチ、1768 x 2208 ピクセル(372 ppi ) 181.8 cm2 (画面占有率約89%)、YouTubeの動画は2Kまで表示可能
    外側サブディスプレイ: 6.23インチ、816 x 2260 ピクセル (25:9のアスペクト比)
 

その他の特徴

HDR10+
120Hz リフレッシュレート
プラットフォーム OS Android 10, One UI 2.5
  チップセット Qualcomm SM8250 Snapdragon 865+ (7 nm+)
  CPU Octa-core (1×3.09 GHz Kryo 585 & 3×2.42 GHz Kryo 585 & 4×1.8 GHz Kryo 585)
  GPU Adreno 650
メモリー カードスロット なし
  内部 256GB 12GB RAM
   

UFS 3.0

メインカメラ トリプル 1200万画素, f/1.8, 26mm (メイン), 1/1.76″, 1.8µm, Dual Pixel PDAF, OIS
    1200万画素, f/2.4, 52mm (望遠), 1/3.6″, 1.0µm, AF, OIS, 2x 光学zoom
    1200万画素, f/2.2, (ウルトラワイド), 1/3.1″, 1.0µm
  特徴 LED フラッシュライト, HDR, パノラマ
  ビデオ機能 4K@60fps, 1080p@60/240fps (ジャイロ-EIS), 720p@960fps (ジャイロ-EIS), HDR10
セルフィー用カメラ メインディスプレイ側のカメラ 10 MP, f/2.2, 26mm (wide), 1/3″, 1.22µm
  外側のカメラ 10 MP, f/2.2, 26mm (wide), 1/3″, 1.22µm
  特徴 HDR
  ビデオ 4K@30fps, 1080p@30fps, ジャイロ-EIS
サウンド スピーカー ステレオスピーカー
  3.5mmジャックポート なし
    32-bit/384kHz オーディオ
    AKG社チューニング
通信 WLAN Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/6, dual-band, Wi-Fi Direct, hotspot
  Bluetooth 5.1, A2DP, LE, aptX HD
  GPS  A-GPS, GLONASS, GALILEO, BDS
  NFC 搭載
  Radio なし
  USB 3.1, Type-C 1.0 reversible connector
特徴 センサー サイドに指紋認証搭載 、加速度センサー、ジャイロセンサー、近接センサー、コンパス、 気圧計
バッテリー タイプ リチウムイオン電池 4500 mAh
  充電 高速有線充電 25W
    高速ワイヤレス充電 11W
    リバースワイヤレス充電4.5W
その他 色展開 ミスティックブロンズ、ミスティックブラック
  モデル名 SM-F916B
  価格 約25万円

価格

価格は日本円で約25万円です。

タブレットとスマホを買うと思っても高いです。

新機能

カラバリは2色展開で「Galaxy Note20 Ultra」と異なり、ブロンズ/ブラックの両方がマット仕上げになるとのことです。

また初代モデルで問題だったディスプレイ耐久度が改善されており、サブディスプレイに関しては最新のCorning Gorilla Glass 7を採用しているとしています。外側、内側のディスプレイ両方とも大きくなっているのも特徴です。

2020年にふさわしくパンチホールカメラになりました!

ヒンジ部分は「Galaxy Z Flip」と同じくフレックスモードにも対応している。

スプリットモードが初代よりさらに進化し使いやすくなっている。

 

まとめ

初代のGalaxy Foldとして確実に進化はしていますが、価格や機能を含め驚きに欠ける気がしました。

カメラに関しては、Galaxy Note20 UltraやGalaxy S20 Ultraのように大型の高画素カメラセンサーを搭載していない為、少しカメラの面で劣るのが残念。また、バッテリーサイズもGalaxy S20 Ultraが5000mahを搭載しているにも関わらず4500mahは少し控えめなのも心配です。

ただ革新的なFoldシリーズは要注目なので、今後も随時フォローしていきます。

ここまで読んで下さりありがとうございました。