Galaxy S20購入レビュー「買い?それともスキップ?」

Smartphone【スマートフォン】

今回は、Galaxy S20シリーズの1番お安いフラッグシップ端末。

Galaxy S20」を発売日に入手したので、レビューをしたいと思います。

ゲットしたのは発売してからすぐだったのですが、この記事を書くのがだいぶ遅れてしまいました。

ようやく最近日本でもちらほら今年の5Gモデルということで宣伝をやっていますが、機種変更を検討されていらっしゃる方に少しでも参考になれば幸いです。

 

Galaxy S20 シリーズとは?

そもそもGalaxy S20シリーズをご存知無い方の為に(※ご存知の方は飛ばしてください。)

サムスンは2020年2月11日(現地時間)にアメリカのサンフランシスコで発表イベント「Galaxy UNPACKED 2020」を開催し、2020年最初のフラッグシップモデル「Galaxy S20」シリーズ3機種を発表しました。

昨年のGalaxy S10シリーズまでは、日本国内では4G LTEのモデルしかラインアップになかったですが、一部の地域にて5G対応モデルがラインアップされていました。

しかし、今回のGalaxy S20シリーズは発表された全ての3機種が5Gの周波数をカバーしております。(※全ての5Gの周波数をカバーしているわけではありません。)

 

(画像ソース元:https://bgr.com/2020/02/11/samsung-galaxy-s20-release-date-price-specs-official-details/)

 

Galaxy Sシリーズやペンが特徴的なGalaxy Noteシリーズでは、モデル名の数字を毎年増やしてきました。

昨年でSシリーズが10周年ということもあり、今回は本格的に5Gサービスを迎える新しい時代に向け「Galaxy S20」シリーズという名前になりました。

カラーバリエーション

(ソース元:https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1234534.html)
本体カラーは左からクラウドピンク、クラウドブルー、コスミックグレーとなっております。
国・地域によって色展開がことなっており、日本では、クラウドブルー、コスミックグレー、クラウドホワイトの3色展開です。

価格

Galaxy S20は発表されたGalaxy S20シリーズ3機種の中で、最もコンパクトで安いエントリーモデルになります。

アメリカでのそれぞれ3機種の価格は

Galaxy S20 5G $999 11万円
Galaxy S20 Plus 5G $1199 13万円
Galaxy S20 Ultra 5G $1399 15万円
ロリポップ!レンタルサーバー

上記のような価格となっております。

日本での価格は各社約11万円での販売予定となっております。

一番コンパクトなモデルで約11万円。。。

毎年フラッグシップスマートフォンの値段が上がっているような気がします。

臓器がいくつあっても足りません。

サイズ感

(画像ソース元:Rebecca Spear / Android Central

サイズは左からGalaxy S20が6.2インチ、Galaxy S20+が6.7インチ、Galaxy S20 Ultraは6.9インチとなっています。今回、SシリーズがついにNoteシリーズよりも大きな画面を搭載してきました。

ディスプレイの上部中央にパンチホールがあり、インカメラが内蔵されています。

また、今回のパンチホールカメラは従来モデル(Galaxy S10,Galaxy Note 10シリーズ)に比べより小型化されたことにより、さらに画面占有率が上がっている。

そして昨年のモデルと比べ、Galaxy S6からお馴染みであった曲面ディスプレイのカーブは小さくなったことにより手のひらによる誤動作が少なくなりました。

 

おすすめポイント

実際アメリカ版のGalaxy S20を購入し、使ってみて分かったおすすめのポイントが3つあります。

サイズ感が丁度いい

とにかく軽い!小さい!

ポケットの中でかさばらないし、長時間使っていても比較的手が痛くなりにくいです。

最近のスマートフォンは年々大型化しており、6.4インチの画面サイズが標準サイズになりつつあります。

そんな中、サムスンはフラッグシップであるGalaxy S20シリーズでも6.2インチからラインアップがあり、女性の方や、小さいスマートフォンが好みの方にはとても扱いやすく、コンパクトなサイズのフラッグシップ端末となっています。

最近ではコンパクトサイズのフラッグシップ端末は少なくなっており、久しぶりにコンパクトな端末を使ってみてやはりこのサイズ感は最強だと思いました。

また、サムスンの独自UI、One UI 2.1のおかげでさらに片手で操作がしやすくなっております。

ぬるぬるサクサク

今回のモデルから、最近のトレンドの高速画面リフレッシュレート(120Hz)のおかげで、過去最高にスムースに操作することが出来ます。

従来のスマートフォン(60Hz)の倍一秒間に画面をリフレッシュしているおかげで、何をしてもバターを切っているかのようなスムースな操作性を体験できます。

実際見て使わないと違いが分からない為、是非店頭で試しに使ってみてください!

画面キレイ

はい、安定ですが、サムスンの画面は業界№1だと思います。

美しいの一言です。

以上。

がっかりポイント

使ってみてがっかりだと感じたことも3つお伝えします。

イノベーションが感じられない割に高い

今回のモデルは、120Hzのディスプレイをよっぽど体験してみたい方以外は購入する必要ないと思います。

それ以外の進化は正直大した違いはありません。

の割に高いです。

Galaxy S10から買い替えをご検討されている方はやめておいた方がいいかなと思います。

カメラが邪魔

正直フロントカメラは邪魔です。

早く、画面内にカメラを配置して頂きたいです。

YoutubeやNetflixを見ているときにどうしても画面の小さいほくろのような点が気になります。(個人差アリ)

画面が縦長すぎ

最近のトレンドとして、画面の比率を縦長にして、画面はでかいけど細長で持ちやすい機種が増えています。

その代償にYoutubeやNetflixなど映像を見るときに、多くのコンテンツは16:9のアスペクト比なので、どうしてもかなりの部分がカットされてしまいます。

また、上部に指が届きません。
ロリポップ!レンタルサーバー

まとめ

色々ずらずらとGalaxy S20について書かせて頂きました。

で、結論を申し上げます。

個人的には「スキップ」です!

やはり、”価格”、”スペック”を考えると、大して昨年のモデルと比較して大金を払うほどのアップグレードはしていないでしょう。

勿論とてもいい端末なので、一部の人には買いですが、もう少し価格が下がってから購入するのが一番いいのかなと思いました。

ここまで読んで下さりありがとうございました!